7/27(木)とりあえずブログを開けてみる2006年07月27日 23:05

郡山回送前日のサハ411-1701、一番露出の厳しい所に止まってくれました(泣き)
 東京出張で蒲田の西口のビジネスホテルに3泊目、寝る前の時間が空いたので、兼ねて懸案のブログを開けてみる。

 地元茨城をネタにしたいが、都内に居るので現在進行形のネタは当然無理(笑)。

 「さんちゃん掲示板( http://6714.teacup.com/sansuke/bbs )」では、
勝田車両センターの415系K918編成(7連)が、去る7/26(水)に、
郡山総合車両センターに入場と、管理人のさんすけさんからの情報が。

 幸いにもK918、辛うじて7/25(火)に水戸駅での姿を撮影していた。
 中間のT車がステンレス唯一のセミクロスシート車サハ411-1701。
  クハ411-310
  モハ414-5
  モハ415-5
  サハ411-1701
  モハ414-723
  モハ415-723
  クハ411-309
 以上の7連、全車両がクロスシートという7連では珍しい形態の編成で、
団臨や行楽用の臨時運用等には優先的に充当されたりする編成だが、
郡山行きは廃車のためなのか、検査のためなのか。

 特にサハ411-1701は他の混結ステンレス車である、
モハ414・415-1502や、サハ411-1601と組み合わせて、
他のステンレス4連の中に挟み込めば8両編成が出来上がる。

 4両1ユニットが基本となるのであれば、今後は4・8・12両編成しか
見られなくなるであろう現状においては、8両ユニットでもさほど運用上の
制約があるとも思えず、検査を受けて無事勝田に戻って来るのか、
それとも2階建てのクハ415-1901と同様、解体ということになるのか、
とても気になるところ。

 サハ411-1701が廃車となれば、サハ411-1601も廃車となるであろうと想像できるし、ここ数週間の郡山の情勢は大変気になるところだ。

茨城に帰還(7/28)・・・ひたち東京フリーきっぷなど2006年07月28日 23:59

 上野発20時のスーパーひたちで水戸に帰還。

 金曜日なので、19時のスーパーひたちは18時時点で指定席満席。
19:15と19:30のフレッシュひたちがあるが、停車駅が多く落ち着かないのでパスし、常磐線の415系の撮影は露出が厳しいのでこれもパスし、20時の列車にし、閉店しつつある秋葉原を徘徊。
 トラセンド辺りの安い4GのCFカードが無いかと「あきばお~」等を徘徊するも電器関係の収穫は無し。
 列車の乗り心地の客観的評価という悪趣味な目的のために、秋月で2軸の振動記録計のキットを買おうとも思っていたのだが、この店はどーしていつも、こうも店仕舞いが早いのか(苦笑)。

 「ひたち東京フリーきっぷ( http://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?txt_keyword=%E3%81%B2%E3%81%9F%E3%81%A1%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%8D%E3%81%A3%E3%81%B7&mode=keyw&SearchFlag=1&GoodsCd=1001 )」を使って、ここ4日間宿と仕事場を往復していたのだが、この切符、一度でも帰り券(フリー乗車券)を試用してしまうと、自動券売機(指定席発行機能付き)での指定席の発券ができないとのこと。
 つまり「みどりの窓口」に並ばなければならない。
 品川・秋葉原と自動券売機に邪険にされ、秋葉原の券売機インストラクター(笑)のおじさんに聞いてみてそれが判明。
 秋葉原の電気街側のみどりの窓口は幸い空いていてすぐ発券できたが、フリー切符として使い出すと、指定席券売機での指定席発券機能が使え無いというのは、なんとも使え無い仕様だなぁと思う。
 出張期間内は大分エリア内を動き回ったので、元は取れているからまぁ良いのだが。

 記録は7/30朝

日立電鉄と茨城交通と鹿島鉄道と(7/29)2006年07月29日 23:59

架線・レール・枕木・車両・・・全てが消えてしまった常北太田駅
 出張疲れか、天気が良いのに朝は起動できず、お昼を廻ってから行動開始。

 先ずは、日立電鉄の定点観測へ。
 今週は天気が比較的良かったので、作業が進んでいるだろうと想像しながら常北太田駅へ車を走らせる。

 常北太田駅は先週まで敷いてあった線路と枕木の撤去が完了していた。
 残されているポイントのレールの年代は1950年代40kレールのよう。
 設備投資については廃線前の数年間以外はきちんとやっていた鉄道だったことを改めて確認した。

 大橋の陸橋は、県道より東側は県道脇の最も県道に近い橋脚を除いて撤去が終了。県道より西側は撤去工事が進行中で、橋台部分も含めて残っている橋脚は5本。来週中には全て終わりそうな雰囲気。

 久慈浜駅ではレール撤去の真っ最中、大甕側から順次剥がしているようで、ホームには外されたタイプレートや犬釘が散乱していた。
 ここも来週中には全て終わりそうな雰囲気。

 次に茨城交通へ移動。
 阿字ヶ浦駅に止まっていたのはキハ3710-02。
 夏の海水浴シーズンで、改札に駅員さんが居たものの、フリー切符は売っていないとのこと。
 中根駅へ移動し、勝田方からやって来たのはキハ37100-03。
 新型車だけの運用と判ったので、今日は茨城交通はあきらめて、鹿島に向かう事にす。

 が、移動中にトラブル発生。道路脇からいきなり出て来たおばさんの乗用車を避けるため急ブレーキ。「止まった、あぶなかったー」と思った瞬間後ろからドーン!、麗しきお嬢さんにおかま掘られてしまいました(汗。
 幸いお嬢さんも漏れも怪我は無し、ただの物損事故。
 おいらの車は無駄に頑丈に出来ているので目だった損傷は無し、リアのステンレスパイプのガードに当たったようだが。見た目は相手の車の塗料が付いているくらいのもの。
 対するお嬢さんの車のほうはボンネットがへの字になってしまい、見るも無残な状況(かと言って徐行中の事故なのでライト類等の損傷は無かった)
 太陽が沈みかけているんだが、おばさんも、お嬢さんもおろおろするばかりで埒があかない。
 しゃーないので、後々お嬢さんの方の車の修理の保険とかもあるし、念のためって事で110番通報、東京電力の電柱の番号を言って場所を確定してもらい、交通課の担当者を派遣してもらう。
 免許証・車検証・自賠責の確認と各人への聞き取りなど簡単な感じで調べは終了。まぁ後は保険屋と相談してくれ。俺は別に目だった被害があるわけじゃ無いので請求するつもりは無い。必要なら連絡くれれば良いからということで、名詞渡して解散。

 前にも逆輸入車に信号待ちでおかま掘られたことがあるのだが(その時もも向こうは中破、こっちは実質被害無し)、そんなに俺の車の尻は魅力的なんだろうか?それともブレーキランプが見難いとかあるのだろうか?

 てな訳で、鹿島鉄道入りは大幅に遅れてしまい、常陸小川の窓口の時間に間に合わなかった。駅員さんは居るのだが既に会計を締めてしまった後で次の列車で石岡に上がるとのことで、必要なら運転士から買ってくれとのこと。仕方がないので、交換待ちで停車中のワンマンの運転士さんに、常務員室の落とし窓越しに交換待ちの時間で一日乗車券を発券してもらった。
 これで堂々と利用者として構内で撮影できるってもんで(本日の上納金1100円也)。
 常陸小川交換が2回続くのでそれをバルブ撮影(結局この日はそれだけでした)。出来はイマイチ。
 DD901はなんだか従来より石岡よりに移動が行われたようで、光線状態の良い南側には踏切制御器のボックスが来てしまい、従来よりは撮りづらくなってました。

鹿島鉄道と百里航空祭と茨城交通と(7/30)2006年07月30日 22:56

 今日は2年ぶりの航空自衛隊百里基地の航空祭。

 去年は航空観閲式があったので開催されず、一昨年はアメリカ空軍のアクロバットチーム、”あの!”サンダーバースが来るということで、当日は雨にも関わらずものすごい観衆が集まり、周辺道路は大渋滞、石岡を午前6時に出た臨時バスが、基地に着いたのが14時(終了1時間前)とかで阿鼻叫喚だったうえに、サンダーバーズもブルーインパルスも結局悪天候でショーをキャンセルという酷い事になっていたのだが、さて今年はどうなるか。

 一昨年と同様、今回もアクセスは渋滞対策の2輪車、家を出るのも遅ければ、混雑道路を迂回して鉾田側からアクセスするので、ついでに鹿島鉄道に寄ってみたり(キハ601を美味しくいただきやした)と、結局会場入りはお昼ちょっと前。おおよそ乗り物ならなんでも良いってことで実に節操の無いことだ。
 開場から時間が経っていたこともあるのだろうが、基地の南門付近には渋滞は一切無く、前回とは大違い。前回で懲りて来なかった人も多いのかもしれない。
 基地の駐輪場に車を止めて会場へと歩いている間にF-2が、起動飛行を披露、結局午前の起動飛行はF-15J・F-2ともに撮り逃がした。
 展示品とかを撮りながらエプロンのショーセンター方向へ。
 今回の主目的は、夏ボで導入した120-300mmF2.8の対空能力テストと、自衛隊機・米軍機の有りネガの積み増し。

 米軍機は海兵隊のF-18C×2(VFMA-115[213]・VFMA-212[01])、EA-6D×2(CVW-3・VAQ-130[500][504])。空軍のF-16C×2(WW三沢[802][887])、C-130(AK[690])。
 陸上自衛隊の新鋭機AH-64を期待していたのだが、さすがにダメ。

 デモ飛行をちゃんと押さえられたのは、米軍のF-16CとB.Iのみ。
 湿度が高いのでF-16の機動飛行はヴェィパー引きまくり、逆光気味なのでヴェィパーに虹が出たり。F-15とF-2が機動飛行をやった午前のうちから来ておきゃ良かったとちょっと後悔。ただ視程も悪いので、どの画像も心持もやっとした画像になってしまっていた。
 ブルーインパルスの方は美しいが迫力不足な感じ。T-4だとしょうがないのかな。離陸前のチェックで5番機がトラブルで急遽予備機が5番のポジションに充当。
 デュアルソロのクロスは一発目はなんとか同一コマに2機が収まり上手く行ったが、2発目は手前側の機体がどちらなのかを間違えて大失敗。ハートとスタークロスは強風にも関わらず、ばっちり決まってました。
 ショーセンターは管制塔と雛段の辺りかと思っていたら、第一格納庫辺りだったようで、斜に狙う感じになりポジショニングにはちょっと失敗。
 あと、機材を背負うので重いからと広角系(10-20・18-50)の2本を置いてきたのは大失敗。展示機と柵が近く、引きを取っているとその前をひっきりなしに人が通るので、我慢我慢で撮るハメに。また、スモークでの表現も撮れないので消化不良な撮影になった。
 レンズの試運転だが、飛行機追っかけて振り回すにはレンズの重量に耐える腕力が必要と実感。鉄道だと三脚使えるもんなー。AF精度とか解像感とかは俺の基準では及第点。ただ、休みの日には自衛隊もお休みなので、航空祭以外では飛行機はなかなか撮る機会が無い。

 んで、その後は鹿島鉄道沿線へ。航空祭来場者の車で渋滞しているであろう常陸小川以西に行く気にはなれず、桃浦以東で徘徊。しかし来るのはKR-500型ばかり。晴れていたので夕日に期待したが、西の地平線近くの雲が厚いので早々に断念して茨城交通へ。
 茨城交通は、中根の駅で車のライトを補助光にしてバルブ。
 こちらは今日は国鉄色のキハ205が運用に入っていた。

415系スポッティングと茨城交通(7/31)2006年07月31日 23:31

415系鋼製車の11連チンイツ編成。
 会社の方では情報セキュリティのなんのと最近かなり煩くなってきてるもので、従来持ち歩いていた私物PCは持ち込みを自粛中。
 おかげで通勤鞄の中にスペースが出来たのと、そろそろ415系鋼製車も先が見えて来たのとで、カメラを持ち歩く事にして、朝な夕な(まいな・ゆうなでは無い[謎])の通勤時にやってくる415系の1両毎の形式写真を片っ端から撮影中。
 中間車を撮って居る時なぞは特に、一般客から見たら何をやっているのか判らない怪しいカメラおじさんになりつつある今日このごろ。

 まぁ、元々このブログの親コンテンツである「茨城の鉄道趣味のページ」には、「403・415系」のページ( http://www.asahi-net.or.jp/~GP4S-KWT/JR-LINE/joban/CAR/403_415/403_415.htm )があり、2年前の時点での編成表と各車両のページだけは準備してあるのだが、写真の撮れていない車両もあり、その中には撮影できないまま解体された車両もあり、ということで、とりあえず気合を入れなおして残存車の完撮と415系鋼製車引退時版の作成を目指し、勝田駅を徘徊している。
 ホームを端から端まで歩くし、階段の上り下りが結構あるので運動には良いかもしれない(苦笑)
 帰りの勝田駅は陽が短くなりはじめて、露出にはだんだん苦戦を強いられるようになって来ている。行き・帰りの水戸は車両の配置が悪く、基本的には撮っていない。
 まぁ11連・8連の運用を撮れるので継続さえしていけばそのうち結果は出るだろう。
 
 今日の茨城交通はキハ3710-02とキハ37100-03がそれぞれ単行の運用、もう一組のキハ205とキハ3710-01の単行ペアとここのところ日替わり登板になっている。まぁ冷房車はこれしか無いわけだから、当然と言えば当然の運用。
 ただし国鉄車目当ての人には当日走行している確率が1/2以下となるわけで、夏休みの利用で乗りに(撮りに)来た学生さんなどには、外れる場合があるわけで、若干可愛そうな感じもする。