415系スポッティングと茨城交通(8/24)2006年08月24日 20:41

勝田駅を通過する92レを引き流しで一発
 相変わらず朝はバタバタだが、ともかくいつものバスに間に合う。
 ここのところの例に漏れず、今日も水戸市街通過がスムースで、0749の高萩行き323M(K918+K602)に間に合う。
 茨城交通111列車は、最近の運用パタンから1日ずれてキハ205(国鉄色)の単行。
 2番ホームに移動し、もう明日までとなった415系7両編成の水戸線725M(K805)からスポッティング開始。
 2番ホームから3番ホームに移動し、上り354M(K903+K504)を撮影する。
 ここで、いつもとは違う2番線貨物列車通過の構内放送が流れ、ED75-1022が牽くコンテナ貨物が通過、その後356M(K811+K529)を撮影する。
 2番ホームに戻り、茨城交通113列車(キハ3710-02)と勝田折り返しの727M(K561)を撮影して朝のスポッティングは終了。

 夕方は茨城交通の141列車から、エスカレータの乗り口辺りから湊線ホームを見ると新型の2両編成。そういや入り口に浴衣姿の女の子が目立つなぁと思っていたが、思い出してみれば今日は那珂湊海上花火大会の日。
 その対応で、141列車は勝田方からキハ3710-02+キハ3710-01
の2連。
 3番線に移動して、既に入線している450M(K814+K532)を撮影し始めるが途中で発車してしまい、静止状態でのシャッター速度で撮っていたため、K532側は速度が上って流れてしまい大失敗。この頃から異様に露出が落ちてくる。空を見上げると黒い雲が空の半分ぐらいを覆い始めていた。構内放送は下り特急の遅れの情報を繰り返し流している。4番線に入ってきた勝田止まりの1421M(K817+K533)はほぼ定刻。
 続いて上り650M(K530+K509?)を撮影するも、停車時間が短いためすぐに動き出し、露出が落ちすぎているため速度が上る後方の車両は画像が流れてしまう。
 ええい、ままよ、と92レを撮るため3番ホーム北端に移動。露出がどうにもならないので、ズームを引っ張りながらの流し撮りを試してみる。牽引機はED75-1008。
 続いて2番ホームに戻り、下り649M(K515+K531)をいわき側から順に撮るが若干遅れての入線のため、撮り終わらないうちに、遅れている特急を待たず定刻に発車してしまい、こちらも画像が流れてしまう。

 最後は茨城交通の143列車だが、この頃から更に露出が低下し、遂には土砂降りの雨となる。入って来た列車は、勝田方からキハ205(国鉄色)+キハ37100-03の新旧混結2連。激しい雨が車両の屋根を叩き、もうもうと飛沫があがる。こんなんで花火大会は大丈夫なのだろうか?

 土砂降りの雰囲気を撮れないかとスローシャッターで何枚か茨城交通の2連を撮影し、入って来た2772Mに乗り込みスポッティング終了。

 朝はともかく、夕方は露出に振り回された。陽も短くなってきているし、夕方の415系スポッティングはそろそろ潮時の様だ。