名古屋で午前のスポッティング、作業終了後徳山に移動(9/28)2006年09月28日 23:59

JR貨物のEF65の牽く専用貨物列車
 名古屋の仕事は午後一から、移動時間から言って一度茨城に戻るのは無駄ということで、午前中は突発的なオフとなる。
 チェックアウトの10時まで寝ていようかとも思ったのだが、無料の朝飯の提供が0830までということなので、8時に起きて朝食。
 朝食自体は無料なので余り期待はしていなかったのだが、暖かいものが飲物しか無い以外は結構充実しており、なかなかだった。
 朝食後部屋に戻り、だらだらと出発の準備。10時少し前にチェックアウト。
 さて、あと3時間どうして潰したものか。

 現場が名古屋駅最寄のため、名古屋駅から離れて乗り鉄するというのも、万が一ダイヤが乱れたりして帰れなくなるパターンに嵌まると最悪なので、今回は乗り鉄はパス。
 結局、仕事に必要な物とカメラ以外の荷物をコインロッカーに放り込み、JR名古屋駅の入場券を買って、ほとんど持ちネガの無いJR東海の在来線車両の捕獲をすることにする。

 ほとんど使われない時間帯の3・4番ホームに上がり、2・5番ホームの列車を主体に撮影開始。
 この時間帯、大阪方ホーム先端からだと1・2番線列車が順光で撮れるので、結局この辺りを中心に入場券の有効時間帯の12過ぎまで思いつくままに撮影。

 12時過ぎに改札を出て、駅のレストラン街で昼食をとり、その後ビックカメラ等を冷やかして集合まで時間を潰す。

 予定時間に集合後、名古屋駅最寄の現場へ。作業は順調に進み、16時過ぎには終了した。

 その後、荷物をコインロッカーから引き上げて、明日の仕事場のある山口へ向かう。
 名古屋-大阪間では座りたいので、新大阪止まりののぞみの席と、そこから先、徳山停車のレールスターの席を押さえる。
 案の定、指定されたA席の隣のB席には名古屋から新大阪まで、誰も乗っては来なかった。
 レールスターはほぼ満席で新大阪を発車。

 徳山下車後駅最寄の宿に投宿、1日からの大阪の仕事に備え、大阪に送る分と、自宅に送り返す物の整理をしてから、同行者が乗ってくると思われる徳山停車ののぞみを待ち受けに徳山駅改札へ。

 合流し、他の者がチェックイン後、出張者4人で居酒屋で食事兼呑み会。 12時ちょっと過ぎに宿に戻った。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://sa-blog.asablo.jp/blog/2006/09/29/541718/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。