朝のスポッティングと東京出張(9/11)2006年09月11日 22:41

E231のかぶりつきから、快速線のE531系のモノクラス編成を一発
 とりあえず平日では久々の通常起動。始発のバスに乗って水戸駅へ。
 0749の高萩行き323M(K817+K542)には間に合わず、E531系5連の水戸線725M(K451)で勝田へ。
 茨城交通の111列車は勝田方からキハ2005+キハ222(旧国鉄色)+キハ223。
 上り354M(K810+K543)を撮影し、一度改札を出て自由通路の改札南側の売店で朝食を調達。再度入場して朝食を頬張りながら列車待ち。
 水戸行624Mの水戸からの回送の2025M?は(K519+K529)。
 スーパーひたち3号(K106+K203)は定例の月曜増結で11両。
 3番ホーム水戸寄りで、356M(K819+K514)を撮影。ほぼ同時発車の4番ホームの325M(K818+K?)を見送る。325Mの4両口の仙台方のクハはクハ411-121だったが何故か編成番号表示が無し。
 その後、2番ホーム上野寄りへ移動。
 フレッシュひたち16号(K302+K35?)に被られるのを嫌い、特急11両停止目標の先まで行き、入線してくる水戸線727M(K537)を撮影。
 茨城交通の113列車は、勝田方からキハ3710-01(那珂湊止)+キハ37100-03。

 午後からの会議で昼前の特急で東京駅最寄の客先へ。
 打ち合わせ終了後時間を確認すると、乗れる最初の列車で勝田へ戻っても、2772Mに乗るのならば会社には20分弱しか居られない事が判り、会社に連絡を入れて直帰することにする。
 水戸発1855の最終の茨城交通バスに乗るには1730発のフレッシュひたち45号で良いため、自動指定券発行機で席を押さえた上で、柏まで快速で先行し、その間の運転台かぶりつきと、柏駅のホーム北端で、余り有りネガの無い取手以南の415系走行シーンやモノクラス15連のE531系などをスポッティング。ついでに緩行の209系1000番台もいただく。
 かぶりつきは運転台のガラスか多少汚れていて絞りを開いても誤魔化せずイマイチ。
 柏駅は柏駅で雨がぽつぽつ落ちてきて露出が稼げずこちらもイマイチ。

 柏駅北端で撮るつもりたったため、座席選択で押さえておいたフレッシュひたちの11号車 の指定席に乗車し、水戸へ。
 水戸からは直ぐにいつもの最終バスに接続するので、それに乗り込み帰宅。
 今回は一昨日に買ったワイドバンドレシーバーを持ち歩いていてイヤホンで聞いていたのだが、思ったよりもいろいろな交信が聞けて楽しかったし、撮影時の判断材料にもなるので結構便利なものだと思った。

鉄分ほとんど無しな日(9/12)2006年09月12日 22:37

 今日も今日とて朝の起動がままならず、朝はスポッティングどころでは無かった。(携帯とPHSを両方とも鉄道利用の後マナーモードから通常モードに戻し忘れていのも原因のひとつだが)

 夜は夜で仕事が押して、勝田駅改札を抜けようとしたら発車ベル。
 慌ててエスカレータを駆け下り、なんとか656M(K809+K536)に乗車。茨城交通上水戸入口バス停で渡里ゴルフセンター行きのバスから下車、上水戸からはタクシーで帰宅。

 鉄分はほとんどゼロな一日だった。

今日も殆ど鉄分無し&千波タクシーに乗車拒否される(9/13)2006年09月13日 23:59

 朝が本当にメタメタ、どうしたものやら。
 というわけで今日も朝のスポッティングどころでは無し。
 帰りは帰りで仕事が押してしまい、なんとか勝田2219の水戸行2225M(K516+K519)に乗ろうとするが、一度会社を出てエレベータを降りビルの出口を出ようとしたところで傘を持っていない事に気づき逆戻り、その分のタイムロスが響いて2225Mに編成番号が確認できる程のタッチの差で乗り遅れる。これで水戸発2232の茨大前営業所行にも乗り遅れが決定。

 茨城交通の最終155列車はキハ2005の単行。

 後続の勝田2230の我孫子行474M(K819+K539)に乗車し、水戸からは2245発の渡里ゴルフセンター行きのバスで上水戸入口で下車。
 上水戸入口バス停最寄の飲食店で夕食をとり、いつもの如く、上水戸入り口近辺で普段は客待ちをしているCSKグリーン・タクシーに乗ろうとしたが、1台も居ない。途中1台空車表示で走って来たので手を上げたらば、いきなり表示が迎車になり1ブロックほど先でハザードを出して電話客待ち。(泣き)まぁ先客が居たなら仕方ないが。

 仕方なく水戸駅・大工町方向への戻り車が期待できる118号(123号との複合区間)の水戸駅方向の車線の明るい場所に移動し、空車のタクシーを待つが、手を振り白い傘を上下させてアピールしたにも関わらず空車表示でぼんぼりも点灯した千波タクシーに乗車拒否され素通りされる(怒)。帰りの途中で乗せるつもりが無いなら迎車表示で走るか、ぼんぼりを消せば良いのだ。今度タクシー待ちで並んだ時千波タクシーに当たったらこっちから乗車拒否して後ろの別な会社の車に乗ることにしよう。

 その後10分ほどで常盤タクシーを捕まえる事ができなんとか無事に家へ。
 
 鉄分がほとんど無かった上に、最後の最後で千波タクシーにケチまでつけられ散々な一日だった

久々に朝のスポッティング(9/14)2006年09月14日 23:59

7両編成の中でサハ411-1601のみ一部床下機器や台車の再塗装が実施されていた。
 朝は久々に正常起動。余裕をもって始発のバスに乗車。天気は雨。
 いつもの様に水戸0849の高萩行き323M(K819+K539)には間にあわず、水戸線からのE531系5連の725M(K460)で勝田行きに乗車。 勝田3番線到着後、反対側の4番線で乗り継ぎ待ちをしている323Mの編成を確認。

 茨城交通の111列車は、勝田方からキハ223+キハ2005+キハ2004(準急色)の3連。

 上り354Mは(K817+K542)。各車両の撮影はするが、雨のため露出が上らず手前側は少し流れた画像に。

 一度改札を出て改札脇のNEWDAYSで焼きそばハムカツパンとミネラルウォータをVIEWSuicaのサンクスポイントチャージ分で購入し朝食。
 3番線に戻り、水戸止まりの624Mの水戸からの回送の8連の編成を確認(K508+K526)。
 スーパーひたち3号は(K107)。
 3番ホーム上野方に移動し、2番線の356M(K811+K532)の各号車を撮影する。中間には1両だけ綺麗なグレーに塗りなおされたサハ411-1601、他の鋼製車に手が入っていない所を見ると、どうもサハ411-1071共々改正後は8連を組んで残るのでは無いかと思えてくる。
 ほぼ同時発車の4番線の下り325Mは、編成確認のみ、こちらもステンレスサハを挟んだ(K918+K509)。その後2番ホーム上野寄りへ。
 フレッシュひたち16号(K304+K354)に被られるのを嫌い、特急11両停止目標の先まで行き、入線してくる水戸線727M(K533)を撮影。
 茨城交通の113列車は、勝田方からキハ37100-03(那珂湊止)+キハ3710-02の2連。
 3番線停車中の水戸線727M(K533)を一通り撮って、朝のスポッティングを終了。

 帰宅は仕事がおして我孫子行き474M(k804+K514)に乗車、カメラを取り出そうと思った所で鞄が異様に軽いことに気づく。仕事中に現場に行く時にロッカーに移したまま、会社に置き忘れて来てしまった(泣)。
 仕方が無いので携帯のカメラで編成番号のみ撮影。
 先行の水戸行660Mは(K537+K522)。この列車水戸で8両編成から4両編成2本に解結されて回送されるようだ。E531配置完了後は水戸での連結作業を無くして効率化を図るのかとも思っていたのだが、これは過渡的な処置なのか、改正以降も残るのか。

 水戸発2245の茨城交通の渡里ゴルフセンター行き最終バスに乗車し、上水戸入口で下車後遅い夕食をとってから、今日は何時も通りの場所で客待ちをしていたCKSグリーン・タクシーで帰宅。

 明日のスポッティングはカメラが無いので諦めねばならない。

帰宅時の編成確認のみ(9/15)2006年09月15日 23:59

水戸駅で分割作業中のK515とK514
 朝の起動がままならず、またカメラも無いので朝のスポッティングは無し。

 帰宅も仕事が押し、タッチの差で水戸行660Mには間にあわず、我孫子行き474M(k801+K507)に乗車。
 茨城交通の最終列車はキハ2005の単行。
 先行の水戸行660Mは(K515+K514)、編成は既に分割されていた。
 大津港行き455Mは(807+K551)。
 茨城交通の渡里ゴルフセンター行き最終バスに乗車し。上水戸入口で下車。いつもの店が休みだったのでタクシーでそのまま帰宅し、コンビニに買出しに出て遅い夕食。

 鉄分は余り無しな一日だった。

遅めの朝のスポッティングをちょこっとだけ・東京へ長期出張(9/16)2006年09月16日 23:59

勝田車両センターに入区するE531系モノクラス10連
 明日朝から東京で仕事のため、今日(9/16)中に現地入り。
 準備をして午前10時前の最終バス(苦笑)で会社に向かう。
 水戸と勝田でちょっとだけ撮影。
 水戸では水郡線823Dにキハ112-152+キハ111-152の編成。

 乗車するのは小山発いわき行きの2737M(K542)。
 6番線に特急待避で停車中372M(K805+K530)を一両づつ撮影。
 水戸駅・勝田駅とも橋上駅のため、照れば照ったで橋上駅の影になる部分と陽のあたる部分での露出差が大きく、資料写真としては厳しい条件になってしまう。
 通勤で使うため両駅での撮影が多いが、本音を言えば橋上化工事の始まる前の友部駅とか、勝田駅北側の入出区の方が条件は良かったのだ。友部駅の橋上化でホームに接する線路の間に中線があって2線分の引きがホームからとれて橋上駅舎の影が無い駅が、この辺りでは石岡くらいしかなくなってしまった。
 2737Mに水戸で接続する1341MはE531系の10連(K402)。
 勝田ではフレッシュひたち24号の連結作業中1024M(K301+K353)。
 E531系のモノクラス10連も今のうちなので、東口に出て1341Mの入庫
を撮影。勝田駅北側の踏切まで辿りつけなかったため、手前に柱が入ってしまったがとりあえず押さえる。
 ここでスポッティングを終わりにして出勤。

 出張前の雑務をこなすが捗らず、結局乗ったのは1920発のスーパーひたち。
 茨城交通の勝田発1914の145列車はキハ3710-02の単行。
 小山行き774M(K522)を列車待ちの間に撮影してスポッティング終了。

 今日から6泊は都内某所に宿を取った、土日祝は割引ということで、今回は半分がその恩恵に与れる。休日の仕事のせめてもの恩恵ということかも知れない。
 というわけで、これから一週間はリアルタイムの茨城ネタが無いことになる。

出張中につきネタ無し。茨城新聞の鹿島鉄道でのBDFの記事など(9/17)2006年09月17日 22:26

 宿の最寄り駅から京浜東北に揺られ東京駅最寄の現場へ。
 17時過ぎには作業を終了し、近くの喫茶店で打ち合わせの後、宿へ戻る。午後になって雨が降ってきてしまった。関東は未だ良いが、九州では台風による突風で脱線転覆事故が発生するなど大変なことになっているらしい。485系はここのところ突風で転がる事故が2件続いてしまいなんとなく可哀想に思える。

 宿で茨城新聞のWeb版をチェックすると、下記のような記事が出ていた。
( http://www.ibaraki-np.co.jp/main/weekly.htm )
[茨城新聞のWeb記事は1週間で消失するが難点だが]
 沿線の耕作放棄地で菜種や向日葵を栽培し、取れる食用油の調理後の廃油をBDF(平たく言うと代替軽油)化して、鹿島鉄道の運行や公用車に使うプロジェクトに関する記事だった。

 鹿島鉄道でのBDFについては、昨年の10月に常陸小川駅で地元の『cafe@kybo』(http://www8.plala.or.jp/cafe_kybo_jp/)が主催した『かしてつ常陸小川発・菜の花畑を走る鉄道に』というイベントがあり、その中で、特別行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構中央農業総合研究センター(中央農研)作業技術研究部農産エネルギー研究室(http://pc140.narcc.affrc.go.jp/sagyo/energy/energy.html)室長の谷脇憲氏がBDFに関する公演を行ったのにたまたま居合わせたりしたこともあるのだが、茨城新聞に載った記事の内容はその時聞いた、海のものとも山のものともつかない話よりは多少は具体的なものではあった。

 ただ、耕作放棄地を沿線4市の3232haとしている辺りは、従来の沿線自治体が石岡市・玉里村・小川町・玉造町・鉾田町だったのに対して、これに八郷町・美野里町・大洋村・旭村・北浦村・麻生町をくっつけた訳だから、過大な見積もりと言えば過大な見積もりである。
 ちなみに、旧自治体での沿線5市町村の平成2年から平成12年までの間の経営耕地面積の減少分は1153haである。鹿島鉄道沿線と言えるエリアの耕作放棄地の面積として考えるなら300haくらいと見るのが妥当な線ではないだろうか。まぁ少しでも大きい数字を言いたい気持ちは判るが。

 鹿島鉄道での毎年の軽油の消費量は鉄道統計年報の記載からだいたい毎年300klほどである。BDFを300kl生産するために必要な廃食用油の量は435klほど、これを生産するのに必要な耕地面積は、約150hrとなり、300hrでBDFを栽培した場合その半分は鹿島鉄道向けとなり残り半分が他の公共用の移動手段向けということになる。

 以上から考えれば、数字的には確かに可能な数字であり、モデル事業と
して車両のBDF対応改造支援などに対して補助金を付けられるのならまぁ出来ない話では無いということになる。

 だが、しかし、この計算を初めてした時には、正直、目の前が真っ暗になった。
 数億年をかけて地中に固定化された二酸化炭素を大気中に開放してしまう化石燃料を使用するサイクルから、植物由来燃料を使用し炭素循環の中に炭素を固定するカーボンニュートラルなサイクルへと転換するとしたとき、150hrもの耕地は、鹿島鉄道を維持することしか出来ない程度の燃料しか生産し得ないのだ。
 軽油とガソリンでは1リットル当りの二酸化炭素の排出量は厳密に言えば異なるが、燃費10km/lの常用車で年間10000km走るとすると使用する燃料は年間1klである。
 上記の1135hrとして常用車1135台分、茨城新聞の記事の3232hrとしても3232台分の燃料しかこの地域の休耕地の活用では賄えないのだ。
 つまり現実問題として、BDFだけでは現状の自動車社会をカーボンニュートラルなサイクルとして支えることは、事実上不可能なのだ。

 一見薔薇色のように読める記事だが、実際はその逆である。
 たとえBDFを導入しようとも、現時点での移動水準をこれからも維持し続けていくには、いずれ枯渇する化石燃料を燃焼させて二酸化炭素を大気中に放出する自家用車を使わざるを得ないのだ。
 逆の言い方をすれば、我々が今自家用車から得ている利便性と地球の炭素サイクルとの収支は、現在の時点で常に赤字であり、いくらBDFを導入しようとも、利便性を現在のレベルで維持する限りは、その累積赤字は雪だるま式に増えていくしかないのだ。

 では、せめて収支をトントンにするために、我々は現在の利便性を捨てる事が果たしてできるのか? 本当に気の滅入る話である。

今日も東京滞泊(9/18)2006年09月18日 23:00

 出張先へ向かうのに宿を出るのが8時くらいなので、何時もと比べれば大分朝寝坊が出来る訳だが、逆に何時ものようには寝坊の挽回手段が無いので(苦笑)、念のため起床はほぼ何時も通り。家からは携帯電話で使わなくなった機種3台も目覚ましとして持ってきて、携帯5台とベット作りつけの目覚まし時計にモーニングコールと重武装で寝坊対応。
 京浜東北に揺られ東京駅最寄の出張先へ。今日も休みなのでガラガラである。
 仕事は19時すこし前に終了、既に暗いので撮影等はしないことにして、そのまま宿へ。宿で作業着を脱ぎ一息ついたらそのまま寝てしまい、21時半ごろ起床。

 なんとなく寿司が食いたくなり、近くの回転寿司ではないけれど高級店でも無いカウンターのある寿司屋へ。
 鯖・こはだ・鰯・鯵・鮪・はまちを3貫づつ頼むが鰯が無いということで鰯は秋刀魚に変更。平らげて追加で常陸産の触書に誘われ鱸を2貫追加して、あがり。1600円強だったから、目前にベルトコンベアが無くてカウンター越しに注文できて目の前で握ってくれる事を思えばかなり良心的な店だと思った。まぁ、寿司はそもそもは日本版ファーストフードなのだから、入ったらいくらとられるか判らないような怪しい高級店でなく、こういう正道を行く店が東京の下町にあるのは嬉しいことだ。
 その後コンビニで明日の朝食を調達し、宿に戻った。

 とりあえず、余り鉄分の無い一日だった(出張だからあたりまえか)。

早上がりで、秋葉原留置の415系ハンティングなど(9/19)2006年09月19日 23:59

秋葉原の電留線に停車中の415系編成
 多少早く仕事の一段落が着き、17時少し前に今日の作業は終了。
 明日以降の作業に必要なものもあったので、秋葉原に向かうことにする。
 秋葉原の電留線に留置の415系はステンレスサハ1両組込みでそれ以外は全て鋼製車の4+7の11連。
 先ずは1・2番ホームの上野方先端からヨドバシカメラをバックに数カット。 一度改札を出て再入場して京浜東北南行の最後部に乗り乗務員室越し数カット撮影するが、露出が落ちすぎておりあまり良い絵にはならなかった。画像は荒れ荒れだが、京浜東北線の後部運転台越しに秋葉原留置中の415系を撮影。
やはり一度昼間の留置の時に撮っておきたいものだ。
 神田で再出/入場し秋葉原へ戻る。
 往復320円分に見合う画像が撮れたかというとちょっと微妙なところ。

 とりあえず作業に必要なものを調達してから、もろもろのお店を徘徊、ADATAの8GB120倍速のCFカード(CFC120-8GB(A))が1万7000円弱というのを見つけ多少迷ったが、相性保障(+500円)をつけて購入。
 D200に入れてみるとちゃんと認識してRAW+JPEG・FINEで317という数字が表示されちゃんと認識された。
 試しに連写をしてみると撮れる事は撮れる。が、連写後のバッファの開放がSanDiskの型落ちのUltraⅡ(80倍速相当?)に比べても明らかに遅い。
 店員が言うには、読み出しは確かに120倍速相当だが、書き込み速度と転送速度が同等のSanDisk製やLEXERMEDIA製に比べればサードパーティ製は書き込み速度は一桁落ちるとのこと。まぁ値段が2割程度なのだからこれは許容範囲と思うしかないだろう。
 スポッティングのような使い方では、撮影枚数は多いが瞬間のバースト能力を求められることは無いので特に問題無いだろう。
 連写が求められるシーンでは手持ちの4GのSanDiskExtremeⅢを使えば良いのだろうし、適材適所で使い分けをするつもりならこれはかなり安い買い物と言えるだろう。量販店で10万もする8Gのメディアに手を出すくらいなら、レンズ買うほうが先決だ。
 ただ、メディアの容量がDVDの容量よりでかいというのはちょっと困った事になった。現在は番号順にファイル属性毎に700MB(CD-R)以下を目安にフォルダに分割しているのだが、既に年間通しNo.が、6327(6は年度・3桁はCDとして焼いた場合の通しNo.)で既にDVD50枚を超えている。
 最近使うバックアップ媒体はDVD-Rなので、来年からは分割単位を4.2GB位に変える必要があるかも知れない。

 とりあえず秋葉原では、エアバンド・鉄道無線受信用の可変長アンテナを手に入れることにして、ノーマルよりアンテナの受信感度を上げるためのロッドアンテナを購する。

 その後は店舗の冷やかし、冬ボで購入予定のNIKONのMF50mmF1.2、35mmF1.4、AF18-200VRや、こちらは購入の目処は立たないがなにかと欲しいカーボン三脚などを冷やかす。
 紛失したレンズキャップの予備等を購入してとりあえず撤収。Suicaの中身が心もとないので10000円チャージした後、宿の最寄り駅吉の野家で夕食をとり宿に帰着。

 一日中立ちんぼだったので足が辛い1日だった。

引き続き都内滞泊(9/20)2006年09月20日 22:08

 とりあえず仕事は順調に進んでいるが、疲れもだんだんとたまって来てはいる。19時過ぎに現場の仕事を終え、宿へ。
 乗った車両は209系の920番台、何時の間にか樹脂製の部品の黄ばみが目に付くようになり、扉上のLED表示器が無いなど、量産車との格差も多少気になった。

 なぜかここのところ寿司づいており、今日は一昨日とは別の一皿105円の看板を出している宿最寄の駅前の回転寿司へ。
 105円と95円の皿にしか手を出さなかったが、光物大好きの俺の場合それはいつものこと(苦笑)。ただそれで1965円というのは完全に調子に乗って食べ過ぎたということである(苦笑)。
 部屋に戻って2時間が経つが、未だ腹がはっている(苦笑)。

 とりあえず、これといった鉄な話題は無し。