久しぶりに音分補給(12/1)2006年12月01日 23:59

グランドピアノを取り囲んだカウンターから超広角レンズで。カルテットを独り占めに出来る至福の場所です。(12/1)
 今日も今日とて朝がメロメロ。常磐線&茨城交通スポッティングは無し。
 今日から師走。納期が迫り気は急くが仕事は進まず。いつもの最終バスには間に合わなかったため、だらだらと21時頃までPCと格闘。

 偶数月の第一金曜日なので、勝田のライブスポット「サムシング」には『ノーチェ・クバーナ』のコンサートマスターでもある藤本忍さん(トランペット)のカルテット「エモーション」が来ているはず。一月半ぶりくらいで寄っていくことにする。(前回の10月の第一金曜日はフレッシュひたちに缶詰めになってしまい店までたどりつけなかった)

 入ってみるとお客はかなり少なめ、ちょうど第2ステージが始まったばかり。古くからの友人のNさんがピアノの脇のカウンターに居たので挨拶してその隣に座る。ちょうど演題は今の季節に合わせた『枯葉』。
 腹がからっぽなのでいきなり呑み始めるわけにもいかず、先ずはジントニックとパスタを注文。ボトル(ラフロイグのダブルミーチャード)を出してもらうが、もう底をつきかけになっている。
 パスタはステージが終わった頃に出てくるかなと思いきや、意外に早く出来上がって来てしまう。ステージはちょうどノリノリ。所在無くパスタを口に運びながら演奏に聞き入るというなんとも間抜けな事になる。

 ショットグラス一杯半でボトルが空く。チーフに聞いてみると次のは準備してあるよとのこと。出てきたのはタリスカーの18年。この次はタリスカーのダブルミーチャードの1986年のやつが良いと、チーフには難題を放り投げて新しいボトルを入れる。
 未だ腹にスペースがある感じなので、フィッシュ&チップスを追加。

 ノリノリのうちに最後のステージの演奏は終了。今夜はお客が少ないのがなんとも残念。会計を済ませて店を出る。

 いつものタクシーの客待ちポイントには1台もおらず、茨交タクシーの営業所にも1台もおらず、勝田駅の駅前のタクシー乗り場には10人弱の列、ダメ元で電鉄タクシーの営業所に行くと、客待ちの車が居たのでそれに乗り帰宅。

 帰宅後眠剤と薬を放り込んでから某所のチャットに参加し、眠気が廻って来たところで落ちてそのまま就寝。

鹿島鉄道とちょっとだけ茨城交通(12/2)2006年12月02日 22:59

夕日と29列車(キハ602)。(ハーフNDフィルタ0.6ハード・ソフト2枚使用)
 8時過ぎには目が覚めるが、夢と現を彷徨い9時半くらいになってやっとまともになる。
 明日は仕事があるため、今日はオフということになっており、天気も良いので鹿島鉄道に向かうことにする。
 機材一式を積み込んで初号機(乗用車)で出発。途中ガソリンが減っていたので今日の走行距離を考えていつものガソリンスタンドでちょっと早いタイミングでの給油。車検から戻ってきてアイドリングの回転数が上ってしまって以来リッター10kmの大台にはなかなか乗ってくれない。

 タッチの差で桃浦1050の17列車には間に合わず、桃浦1124の18列車は機材の調整がうまく行かずOKカット0。
 桃浦1152の19列車(キハ601)から本格的に撮影スタート。
 今回も『霞ヶ浦湖水越し』と『S3Proをメイン』をテーマにして撮る事にする。
 湖水越しポイントは、11/18の場所の他にもう一箇所、堤防上からのポイントを地図と11/18に撮った画像上から目星をつけたので、二つの間を行ったりきたりすることにする。

 桃浦1225の20列車はキハ432(赤金太郎)。
 桃浦1253の21列車はキハ431(緑金太郎)。
 桃浦1313の22列車はキハ601。
 桃浦1357の23列車はキハ601。
 桃浦1357の24列車はキハ431(緑金太郎)。
 桃浦1451の25列車はKR-505(青)。
 桃浦1523の26列車はキハ601。
 桃浦1524の27列車はKR-502(赤)。

 陽が大分傾いてきたので、国道沿いの夕日ポイントに移動。

 先ずは太陽はフレームから外して湖水の照り返しのみハーフNDフィルタで明るさを殺して白とびを押さえて撮影。
 桃浦1558の28列車はKR-505(青)。

 夕日がフレームに入るようになったので、後は夕日と29列車のチキンレースになる。15分、その間に夕日はどんどん高度を下げていく。
 かろうじて29列車が勝ち、夕日+湖水の照り返しバックの旧型車の画像をモノにする。
 桃浦1616の29列車はキハ602。

 未だ16時半前だが、陽も沈んでしまったので鹿島鉄道での今日の撮影は終了。運用確認のため、茨城交通に向かう。途中下道がかったるくなり、茨城町東ICからひたちなかICまでワープを敢行。
 那珂湊駅前では、3台分しか無い一般車駐車場のうち2台分を潰してクリスマスツリーが飾られていた。KISS&ライド等での鉄道利用者への配慮を考えたら、僅かしかない一般車用の駐車場を装飾のために潰すというのは余り感心しない。そのたった1台分の駐車場に車を停め、カメラ片手に改札へ。とりあえず一日乗車券を購入。新型だけだったら車番の確認のみで済ませ、旧型車が運用に入っていれば一往復乗り鉄するということにする。
 ホームに入ると車庫には旧型車ばかりが寝ている。
 那珂湊1733の139列車はキハ3710-02の単行。
 那珂湊1732の140列車はキハ3710-01の単行。

 その後、腹が空いたので良く行く回転寿司で光物中心に13皿。
 車に再度給油してから帰宅。
 帰宅後画像の現像と整理に忙殺される。

鹿島鉄道廃線がほぼ決まる-鉄分無しの一日-(12/24)2006年12月02日 23:59

 世の中はクリスマスイブだが、こちらは体調が良くない。
 昨日遊びすぎたせいか、呑みすぎたせいか、午前中は完全に沈没。

 午後も気分が上向かない。仕事もあるしで出社するつもりで居たのだが、気分がすぐれず、ベットでうだうだしている間に夕方になり出勤は断念。

 まぁ気分がのらない原因の一つは今日で十中八九鹿島鉄道の廃線が決まるであろうということもあるにはあるのだが。

 夕方友人から電話で廃止決定の一報。

 結局形見の定期券になってしまった通勤定期を眺めてため息ひとつ。

 昨日の茨城新聞では、茨城交通の方もひたちなか市などで構成する対策協議会の方は補助金制度の追加設定等も含めて前向きな姿勢を示しているのにも関わらず、金融機関側がネガティブな姿勢との報道。
 茨城交通のメインバンクが何処かはまぁ地元の人間なら直ぐに想像がつくだろうが、次々にATM出張所を閉鎖し、営業時間を短縮しと、顧客(預金者)の利便を奪っておいて、地元の大企業の大多数の給与口座等に胡坐をかき、芸文センタとかいう時代遅れの施設で文化の変遷に見合う改革の無いまま地域社会へ貢献しているぞと格好だけを取り繕う、そういう銀行が一口噛んでいるのは間違いないのだろう。

 まぁ他人への不満や悪口がぽんぽん出て来るようでは、冷静であるとは言えないので、今日はこのぐらいにしておこう。

 廃止が決まったら決まったで、新車は売却の方向に話が行くだろうが、旧型車や保存車、文化財的価値のある建物等をとうするかも含め、いろいろとやるべき事はある。どのようにそれらに関係していくかも含めて、自信の態度を決めないといけない。
 無くなる鹿島鉄道より、危ない茨城交通を援助する方に力を置きたいというのも偽らざる心境だし。さて、どうしたものか。

 まぁ悶々としていただけで今日は鉄分無し。

休日出勤-鉄分無し-(12/3)2006年12月03日 23:56

 通常の起床とはいかず、またメロメロでのた打ち回りながら風呂に辿りつきシャワーで渇を入れて初号機(自家用車)で会社へ。
 天気が良いので、仕事が早く終われば撮りに出ようと、撮影機材も一応搭載。

 車なので、普段のバスより大分遅く出ても定時には会社に着き、明日の顧客向けのデモの会場の設営にかかる。
 10時を廻って同僚も次々と顔を出すが、急遽加工が必要な部品が出るなど設営に手間取り一向に進まない。
 とりあえず、昼になったので会社近くの中華屋で同僚と昼飯。
 途中G車組込みのE531系の10両編成と8両編成が、勝田駅の西口電留線に留置されているのを目撃。
 なんとかデモ環境をまとめあげ、問題がソフトウェアに移行する頃には15時を廻っていた。
 結局20時過ぎまで仕事。これでは撮影どころでは無い。
 明日は午後には本番なので、体力を温存するため余り無理をせずに帰宅。

帰宅時の編成確認のみ(12/4)2006年12月04日 23:59

 朝はぐだぐだ・・・・・・もういい加減にしたいのだが・・・・・・。
 当然朝のスポッティングなどあろうわけも無し。

 仕事は押して勝田2119の水戸行660M(K539+K538)に乗車。
 勝田駅西口の留置線には(K411)編成にサロの6番の2両を組み込んだ10連が留置中。(K411)先日はサロの1番の2両を組み込んでいたように記憶しているのだが、サロの試運転用編成として使用されているのだろうか?
 茨城交通の最終155列車はキハ222の単行。
 3番線には『ゆう』(K30)が停車中。

 水戸で接続の水戸線の水戸2228発下館行き786Mは(K532)。
 水戸線下り水戸2228発勝田行き777Mは(K517)。
 常磐線下り水戸発2240発いわき455Mは(K806+K506)。

 水戸駅北口発2232の茨大前行の茨城交通バスに乗り、上水戸入口で下車。いつものラーメン屋で夕食の後、タクシーで帰宅。

 今日も一日鉄分らしい鉄分は無し。

帰宅時の編成確認のみ(12/5)2006年12月05日 23:46

 今朝も今朝とて朝がぐだぐだ。もうどうしららいいのか(泣)。
 というわけで引き続き朝のスポッティングは無し。
 冷え込んで肌寒いので、今シーズン初めてコートを羽織って出勤。

 帰宅は勝田2037の466M(K819)。
 勝田駅西側の電留線には5番のサロを組んだ(K422)編成(8連)が停車中。
 勝田止まりの水戸線771MはE531系5連の(K461)編成。
 水戸駅8番線に停車中の2052発大洗行1187Dは6008(県住宅供給公社塗装)+6005(JAかしまなだ塗装)。
 3番線の2102発いわき行441Mは(K804+K529)。
 4番線のフレッシュひたち47号は(K352(橙)+K305(赤))の11連。
 7番線のフレッシュひたち64号は(K306(黄))の7連。

 水戸駅北口から2050発の茨大前行のバスに乗車。
 上水戸入口で下車し、遅い食事の後、タクシーで22時過ぎに帰宅。

 特にこれといった鉄分は無し。

帰宅時の編成確認のみ(12/6)2006年12月06日 23:57

 今日も朝がメタメタ。もう泣きたい。
 そういうわけで、引き続き朝のスポッティングは無し。

 仕事は山積みなのだが、どうも体調が思わしくなく、無理に残業しても能率が期待できないので、明日以降にリセットするべく最終バスに間に合うよう帰宅することにする。

 勝田発1826の2772M(K808)に乗車。
 勝田発1830の茨城交通の阿字ヶ浦行き143列車はキハ222の単行。
 水戸で接続の1837発上野行き(E531系10連)の1454Mは(K503)。
 3番線の1838発いわき行き651Mは(K504+K528)。
 8番線の鹿島臨海鉄道大洗鹿島線の1835発鹿島神宮行175Dは6003(アクアワールド塗装)+6012。

 水戸駅北口1855の最終バスに乗車、帰宅後着替えてすぐにベットに沈む。睡眠薬を今飲んでしまうと早朝に目覚めてしまうので、半眠覚醒状態でじっとしている。夢と現を彷徨いつつ22時頃まで仮眠。
 その後食事をし、常用薬と眠剤を飲んでからブログ作成。

 今日もこれといった鉄分は無し。

東京出張、鉄分無し(12/7)2006年12月07日 22:55

 今日も今日とて朝がメロメロ。いったいどうしたら良いのだろうか・・・・・・。
 よって引き続き朝のスポッティングは無し。

 午後から東京で打ち合わせのため、1120のスーパーひたち26号で東京へ。
 打ち合わせ終了は17時過ぎ。1730のフレッシュひたち45号に乗れば水戸駅北口発1855の茨城交通の最終バスにギリギリ間に合うので、1800のスーパーひたち47号に乗るという上司と同僚とは別れ急ぎ上野へ。
 フレッシュひたち45号は(K307+K351)。
 MV端末(自動券売機)で並びで空いていた11号車窓際の席を確保したが、当たりで水戸まで隣の席は空席のまま。
 水戸着は1847、バスの時間まで8分しかなく、水戸駅でスポッティングをする余裕は無し。最終バスに乗車し帰宅。

 帰宅後、隣の実家の父に、この地区の鎮守の神社の年越し行事の町内への回覧文書の製作を依頼され、実家のPCで文書作成。

 とりあえず今日も電車に乗っただけで、鉄分の無い一日だった。

Fujifilm FinePix S5Pro正式発表(12/8)2006年12月08日 22:39

 朝が最悪。これまでに無く酷い状態。なんとか会社には行く。

 帰りは勝田発2005の上野行464M(K809+K537)に乗車。
 勝田駅西側の電留線には2番のサロ2両を組込んだK407編成と、もう1本更に西側にサロ2両組込みの10連。1月からは顔見世に試用期間と称して普通列車に充当されるとのことで、415系鋼製車の淘汰も秒読みと言ったところか。
 勝田駅3番線には折返し小山行778Mとなる水戸線769M(K561)。
 水戸駅で入線中の編成の確認。
 7番線の鹿島臨海鉄道大洗鹿島線の2010発鹿島神宮行183Dは6015+6009。
 2番線の水郡線の2032発常陸大宮行843Dは、キハ110-129+キハ110-128+キハ110-133。
 4番線には水戸始発の原ノ町行653M(K807)
 5番線には先ほど勝田で見た水戸線小山行778M。
 6番線には水戸止まりの1437M(K813+K538)
 7番線の鹿島臨海鉄道大洗鹿島線の2031発鹿島神宮行185Dは6002の単行。
 茨大行きの茨城交通のバスで、上水戸入口で下車。いつものラーメン屋で夕食の後、タクシーで帰宅。


 昨日、行きつけのカメラ屋から留守電が入っており、Fujifilmの一眼デジカメFinePixS5proの価格の連絡が来ていたので、価格comを覗いてみると一眼デジカメのFujifilmの欄が1機種から2機種に増えており、ページを開いてみるとS5proの項目が出来ていた。昨日12/7にプレスリリースされており、来年1月末に発売とのことである。
 価格comの相場は248000円。行きつけのカメラ屋の提示価格はこれより5%以上安く、更に10%還元とのことなのでまぁそのまま即買いということになろう。

 発売は3月頃との噂だったので、今日の冬賞与ではカーボン三脚を買ってしまおうかとも思っていたのだが、予定より早い発売で冬賞与はこれに注ぎこまざるを得ないので当分他の買い物は凍結せざるを得まい。
 メーカーのホームページも更新され、S5proのページが出来ていた。
( http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixs5pro/index.html )
 英文のサイトは何度も見てみたが、こうして日本語版のサイトが開かれると嫌でも期待感が盛り上がってくる。
 ダイナミックレンジ拡張モード・RAWでのコマ速がほんの少しだが向上し、連続撮影可能枚数も倍以上に増えており、S3proでは出来なかったJPEGの同時記録も可能となっている。コマ速の向上が期待した程では無かったのは残念だが、ダイナミックレンジをノーマルモードにすれば秒3コマ以上となりそれならばまぁまぁと言ったところか(拡張モード以外で使うことは少ないとは思うが)。だいたいこのカメラはコマ速を期待して使う様なカメラでは無いのでレスポンス等に関して言えばD200並のレリーズラグであればそれだけで十分と言える。動体の連続撮影には画質の側で妥協してD200を使えば良いだけのことだ。

 とりあえずNikonのD200のアクセサリのうちGPS接続ケーブルとバッテリグリップ(但し単3電池のみ)は使用可能の様だ。
 残念ながらバッテリは形は同じだが共用できないとのことらしい。NikonはD70とD200でもバッテリは同一形状だがD70のバッテリはD200には使え無いというユーザ泣かせな仕様になっているので、ましてやメーカが変わればさもありなんと言ったところか。
 先日導入したワイヤレス接続キットは、NikonとFujifilmとで全く異なるCCD及び画像処理エンジンの後ろに接続されるものであるので、このカメラがスタジオユースを意識したものでもあり、印刷・画像処理環境との接続はFujifilmが更に写真館向けにシステム化した製品を出す公算が大きいことから、今のところ使え無い確率の方が高そうだ。
 レンズ資産は今までのS3proと同様というか、特にマニュアルフォーカスレンズに関しては今まで以上にNikonのレンズを使えるのが強み。同じレンズ・同じメカ部で果たしてNikonとFujifilmがどんな差を見せてくれるのか今から楽しみである。

休日出勤-勝田駅西口電留線にE531G車組込編成4本揃踏み-(12/9)2006年12月09日 23:35

勝田駅西口電留線に並んだE531系G車組込編成4本(12/9)
 朝はいつもの様にメロメロ。休日なので少しはシャキッとする迄待って車で出勤。
 本来今日と明日は組合の『休日出勤0の日』なのだが、いろいろとあり、そうも言っていられないので、届けを出して強行出勤(なんか変な言葉だ)。

 昼飯の際に勝田駅を覗くと、西口電留線に二階建てグリーン車組込みのE531系4本(10連×3本+8連1本)がずらっと並び壮観。
 早速入場券を買って3・4番線ホームから並びを撮影。
 ホーム側から(K412・10連)、(K422・8連)、(K407・10連)、(K411・10連)の4本。
 一番ホーム側の(K412)はサロの2番を組込み。組替対象の6号車にはサハE530-2008、9号車にはサハE531-1001。
 一番西口側の(K411)は先日と同様にサロの6番を組込。

 退社は10時少し前。
 その後本屋等に寄り夕食の後帰宅。

 まぁ昼休みの一時くらいで、鉄分らしい鉄分は今日もなし。