『湊線を考えるシンポジウム』出席。夕方から出張先へ移動。(3/21)2007年03月21日 23:59

『湊線を考えるシンポジウム』会場の様子。満員の聴衆が集まりました。(3/21)
 3月末までに茨城交通が廃止届けを提出するか否かも含め、事態がかなり不透明な中での開催となった『湊線を考えるシンポジウム』に参加してきた。

 ひたちなか市長の挨拶からは、公的支援実施も含む積極的な対応策を打っていこうとする姿勢が確かに見られたが、事業者の茨城交通側は、通り一遍の少子化の傾向やら自動車保有率の動向やらの一般論ではぐらかすだけで、具体的取り組みに関しては何ら表明しないという態度を一貫した。

 財務状況の説明では、黒字最終年度を平成2年と言い切り、以降の業績は10数年間一貫して不振で毎年数千万の赤字を生じているかのような誤解を誘導する方向での説明を行った。これは誠に遺憾なことである。

 事前に国土交通省鉄道局監修の鉄道統計年報の記載を調査して今回のシンポジウムに臨んだが、実際に茨城交通が国土交通省に届けている数字において、平成13年度は226万円の償却後黒字を出している。
 つまり茨城交通の鉄道部門は、ここ数年においても黒字だった年度があり、その前後約5年間においては赤字幅は最大でも年3700万程度で推移している。乗降人員、運賃収入とも低下する中でのこの業績は、まさに鉄道部門の職員の方々の精一杯の血の出るような努力の賜物と言っていいだろう。

 営業収支率は平成13年度以降110以下で推移しており、厳しい数値ではあるが、一定の額の補助がなされれば十分存続可能な状況であるといえる。
 何より、この資料で重要なのは、営業外収支と茨城交通が主張している沿線設置光ファイバの収益は、従来から、国土交通省に対しては明確に鉄道事業の収入の一部として計上されていることだ。

(注)光ファイバ:茨城交通の線路敷きには太平洋を横断する海底光ファイバケーブルの陸上部分が敷設されている。この光ファイバケーブルの地代・管理費等の名目で現在鉄道部門では年数千万円規模の収入がある。
茨城交通は近代化等の投資に6億が必要との試算を公表しているが、光ファイバーケーブルによる収益については別勘定としており、これがひたちなか市との間での対立軸のひとつとなっている。

 これは従来から茨城交通そのものが公式文書においても光ファイバによる収入を明確に鉄道部門の収入として位置づけてきていたことを示すもので、今の段になって光ファイバの収入を鉄道部門から切り離そうとする現在の態度は、場当たり的で根拠の無いものと言って良いと考える。

 また、光ファイバーの管理については、毎日往復する列車の乗務員や添乗の保線区員による監視など、鉄道沿線への設置でなければ得られない付加価値を湊鉄道線は通信事業者に提供していると言える。
 結論として、光ファイバは湊線の経営からは不可分のものであるといえる。

 儲かる部分だけを搾取して、あたかも鉄道事業の経営が酷く困難であるかのように見せかけようとする茨城交通の現在の姿勢にはかなり疑問を感じる。国土交通省に対する従来までの報告の数値を反故にしてまで光ファイバに執着する様子には怒りを覚えざるをえない。


 さて、実際にシンポジウムが開催されたのは湊の駅からは北側の台地上に位置することになる那珂湊公民館だった。(駅から徒歩1km強)
 開催通知には茨城交通湊駅下車以外記載が無く、場所を知らない方を呼ぶにはかなりハードルの高い場所ではなかったかと思われる。
 また、開催案内に地図が掲載されていないのは明らかに不親切であると思う。
 また、湊線のシンポジウムと言いながら、開会・閉会のアクセス時間に茨城交通を利用したにも関わらず、参加者の湊線利用者は10名居るか居ないかであったことも気になった。存続・存続と言いながら実際に乗車し利用しようとする行動には意識が直結していないとの印象を受けた。


 終了後は、出張のため沼津まで移動。
 ホリデー料金のG車と18切符で全区間楽勝着座で3100円也(所要約5時間)
 夕食は東京のえきっちんで580円の折詰とお茶を購入し、東京発沼津行きのE231のG車の車内で食す。

 宿には2230頃到着。眠剤を投入してからブログ作成。

静岡出張、深夜に帰宅(3/22)2007年03月22日 23:57

「富士・はやぶさ」合体ヘッドマークにも一抹の寂しさが・・・(3/22)
 朝から三島で仕事。
 沼津の宿から東海道線で三島へ。
 沼津始発の東京行きの列車の車内で待っていると寝台特急[富士・はやぶさ」がEF6648に牽引され入線。
 やはりというか車内は閑散としており、使われなかったリネンが並んだ寝台が眼前を通り過ぎる。

 仕事はほぼ順調で17時前には終了。明日までの含みを持たせた出張だったが、明日の作業には出なくて良いことになったので、宿をキャンセルし、三島から熱海行きの313系の5連に乗車。熱海で快速アクティーのG車に乗り継ぎ東京へ。上野からは常磐線のE531系(K408)のG車に納まる。18切符さまさまである。
 気が付けばこのスジは451Mで、17日に415系が最後に走ったスジを立て替えたものだった。415系では上野発1950で勝田着が2208だったものが、E531系化されてからは上野発1945で勝田着が2208と、意外なことに所要時間が5分延びていた。ロスとしては土浦・水戸での停車時間と、内原での特急待避が効いているようだ。

 水戸では停車時間の間に水郡線の最終に入っていたキハE131-1+キハE132-1のトップナンバー編成をスナップ。床下の写真も何枚か撮影する。新型機関だそうだが、シリンダヘッドが特定できず床下がどんな感じの配置になっているのか未だにピンと来ていない。推進軸がかなり高い位置から台車に入るのは分かったが、その程度。

 勝田では茨城交通の最終を確認。車両はキハ2004(準急色)。

 昨日勝田駅西口の駐車場に入れてあった車に乗り帰宅。

沈没~鉄分皆無~(3/23)2007年03月23日 22:57

起動不能。
一日ほとんど動かずに過ごす。
夜になって食事に出かける。
鉄分皆無。

午後から鹿島鉄道(3/24)2007年03月24日 22:54

キハ602+キハ714の鉾田行[榎本~借宿前]、この折返しで故障に見舞われた(3/24)
 午前中は引き続き沈没。
 昼前に友人から鹿島に出ているとの電話があり、廃止までもうあと一週間しかないこともあり、起き出して出かけることにする。
 ここのところ動かしていないので、3号機(グロッキー号)で出撃。

 鉾田駅で友人と合流。
 鉾田駅は、人、人、人。。。。
 イベント運転の時でもこれほど人は居なかったというくらい人が居る。
 列車が到着すれば、また車内から人、人、人。。。

 とりあえず、混雑する様子を撮影。

 鉾田駅の側線のうち南側のピットのある側線は既に線路が剥がされてしまっていた。玉造町駅の貨物倉庫側の側線も同様に線路が剥がされていた。廃止よりも前に施設にこういった動きがあったのには多少驚いた。

 列車は10分以上は遅れており、何時来るのか何処で交換するのか、皆目見当がつかない。

 巴川~借宿前の切り通しの陸橋から上りのキハ431+キハ432の2連を撮影。
 榎本~借宿前の畑の中の築堤で下りのキハ602+キハ714の2連を撮影。
 ここのところの例に漏れず、2両での運転となっている。車内には人、人、人。立ち客が多数居る。

 その後、八木蒔~桃浦でキハ602+キハ714の返しを待つが、待てど暮らせど現れず。
 様子がおかしいのと、雨も降ってきたので、最寄の有人駅、玉造町へ向かう。
 玉造町駅で得た情報では、巴川付近で車両故障とのこと、あわてて巴川へ車を向けるが、巴川駅には列車はおらず。
 さらに鉾田駅へと車を向けると、鉾田駅の構内に乗客の乗っていないキハ602+キハ714の編成が居た。眺めていると、2連は入換えをして、本線の北側の側線に入った。どうやら故障したのはこの編成らしい。しばらくして、「鹿島鉄道」の車名の入った軽のワゴンが到着。石岡機関区からの応援だろうか。
 眺めていると、巴川方からキハ431+キハ432の編成が鉾田駅へ到着。
 期せずして旧型車4両が鉾田駅に集結したことになるが、どうも事情が事情なだけに写欲が湧かず移動を開始。

 腹がへったので、玉造町駅のれんこんハウスで食事にしようと玉造町駅に行くと、「もう出せるものがなにもありません」とのこと(汗。
 しばらく待つとキハ431+キハ432が折り返してきたのでこれを撮影。
 暗くなっても来たので引き上げることにして、友人を石岡駅まで送る。
 途中、同方向に走るキハ431+キハ432には四箇村で一度追いつくが、その先の国道355号の流れが悪く先行され、玉里の交換で再度追いつくも、その先で6号との交差点からの渋滞に嵌り最後は振り切られる。

 石岡駅東口の駐車場に車を止め、石岡駅前の食堂で夕食の後、解散。

 車に戻る途中、跨線橋から石岡の機関区を眺めると、キハ714+キハ602の編成が帰ってきていた。どうやらそれほどの大事ではなかったようだ。

 廃止を一週間後に控え、多客のため慢性的に遅れが出ているなかでの、旧型車の車両故障、正直、見ていて痛々しい。
 あと一週間、どうか無事に走ってくれと願わずにはいられない。

昼過ぎから鹿島鉄道でお名残乗り鉄(3/25)2007年03月25日 22:31

キハ432+キハ431の2連[28列車・常陸小川]乗車は今日が最後になるか(3/25)
 あいかわらず調子は良くない。
 天気は雨、輪をかけて滅入るが、この天気ならは人の出も少しは減るかと思い、それならばまともに乗車できる最後のチャンスと思えたので初号機(ボロッキー号)で鹿島へ出撃。

 玉造町駅の駐車場に車を入れ、先ずはれんこんハウスで腹ごしらえ。
 その後鉾田行きの21列車(キハ431+キハ432)に乗る。
 なんとか座れる程度の乗車率。エンジンの点検蓋の近くに席を占め、玉造町からの山線区間の勾配でのエンジン音を堪能する。

 鉾田駅で一度下車するが、特にすることも無いのでそのまますぐ24列車で折り返し、玉造町で再度下車。更に23列車(KR502+KR505)で再度鉾田まで行く。
 23列車は満席のため立っていく。鉾田ではまたもやそのまま26列車で再度折り返し。
 ダイヤ通りだと25列車と榎本交換になるのだが、旧型車2連(キハ602+キハ714)を期待して一つ手前の借宿前で下車。残念ながら25列車は旧型車は旧型車でも先ほどと同じ(キハ431+キハ432)の2連。車内は比較的空いており、ゆうゆう着席。
 三度、鉾田でそのまま折り返し、28列車で常陸小川まで行く。途中、桃浦交換の27列車は(KR503+KR501)。
 常陸小川交換の29列車に期待するが、残念ながら(KR502+KR505)。こちらもなんとか座れる程度の混み具合。
 玉造町で下車。対向の30列車は先ほどすれ違った(KR501+KR503)。

 とりあえず、なんとなく新型車にも旧型車にも一応乗れたのと、天候の回復が思ったより遅いのとで、引き上げる事にし、玉造町駅の駐車場から車を出す。

 桜の様子が気になり、帰り道に桃浦駅に寄る。
 駅の桜の蕾はかなり膨らみ、ほんの一部だが咲く寸前の蕾もあった。
 ついでになので桃浦に入線してくる下りの31列車を撮影。(キハ602)の単行がようやくやって来たが、乗車する気力が湧かず、本日はここで打ち止め。

 次に訪問できるのは、最終日の31日か。
 桃浦の桜は満開とはいかないまでも、開花はギリギリ間に合いそうだ。

沈没~鉄分皆無~(3/26)2007年03月26日 22:37

起動不能。
一日天井を見て過ごす。
鉄分皆無。

沈没~鉄分皆無~(3/27)2007年03月27日 23:59

引き続き起動不能。
ベットに沈んだまま浮上できず。
鉄分皆無。

帰宅時の編成確認のみ(3/28)2007年03月28日 22:32

久々に会えた茨城交通キハ205(国鉄色)。
 引き続き調子は最悪だがなんとか出勤。
 目先の仕事を片付けているだけで一日が終わる。
 退勤バスに乗り遅れ、仕方が無いので30分弱歩き、勝田駅へ。

 茨城交通の143列車はキハ205(国鉄色)の単行。
 1820発のスーパーひたち54号は(K103+K208)。
 勝田折り返しで1452Mになる1425Mは(K407)。
 勝田1826の水戸行576Mは(K542+K529)。
 水戸から接続の鹿島臨海鉄道大洗鹿島線の鹿島神宮行175Dは6004+6015。

 最終の茨城交通のバスで帰宅。

 バスの中に4/1からのダイヤ変更の告示があり、読んでみて愕然とする。
 現在でも午前に水戸駅への上り3本のみ、午後に水戸駅からの下り4本のみだったこの路線だが、4/1からは、午前に水戸駅への上り1本のみ、午後は水戸駅からの下り2本のみに大幅減便され、しかも始発は遅くなり、終バスは早くなるとのこと。
 今でも通勤に使うにはかなり厳しいのに、始発が9分遅くなるのは未だ良いとして、終バスが42分も早くなるのは本当に厳しい。定時で即退社して一番早い通勤バスならやっと間に合うかという時刻になってしまう。
 前回の減便の際にも感じた事だが、「もう通勤にはバスを使わないでください」と言っているとしか思えない減便である。上り1本下り2本というのは免許維持路線以外のなにものでも無いという仕打ちである。
 水戸市内のダイヤの稚拙さから見ても減便以前に出来る収支改善策はまだまだあるはず。やれることをやらずに短絡的に減便に走る茨城交通の姿勢には憤りを禁じえない。

 またまた滅入る材料が増えるばかりで本当に気が重い。

帰宅時の編成確認のみ(3/29)2007年03月29日 23:50

いつの間にか、主のようなでかい顔をして水戸勝田界隈を闊歩しているE501系(3/29)
 不調は続いているがなんとか出勤。
 午前中はピッチが上らず。午後もそのままかと思われたが、昨晩送っておいた資料の追加提出の依頼が、何故か午後遅くになってから降ってわく。そこから爆発。
 なんとかやっつけて最終の退勤バスに転がり込み勝田駅へ。

 勝田駅では茨城交通の2100発147列車は、キハ2005の単行。
 上野行き2101発の1470Mは(K415)。
 水戸駅で接続の水戸線728Mは(K751)。
 鹿島臨海鉄道大洗鹿島線の2114発鹿島神宮行189Dは6003(大洗アクアワールド塗色)+6016。

 水戸駅北口からは未だバスが動いている袴塚2丁目まではバスに乗車。そこで会社指定のタクシーを呼び自宅まで。

 途中水戸駅北口のバス停で1/4以降のバス時刻をざっと確認するが、
さりげなく大幅減便されている。正直これはバス離れを加速することはあっても、逆は有り得ない、負のスパイラルダイヤにしか思えない。

 明日は年度最終日だが、来年度自体、おいらをとりまく交通事情に関してはお先真っ暗感が日に日に強まっている。

帰宅時の編成確認のみ(3/30)2007年03月30日 22:32

92レをS5Proで引き流しやっつけ(3/30)
 引き続き調子は良くないがとにかく出勤。

 明日は出勤しないので今日が今の会社では最後の執務となる。
 来週からはなにも変わらないが会社の名前は変わることになっている。
 入社試験を受けて入社してみたら会社の名前が変わっていたのがケチの付き始めか今度で5つ目の会社の名前になる。去年も変わったのでもういいかげん慣れっこだが。
 身分も今の会社からの出向扱いになる。来年度末にはあろうことか今度の会社に今の会社から転籍ということになり、一度退職金が出てしまうらしい。勤続年は通算されるということだが。
 いきなり20ん年目の中途半端な額を貰っても職場の近くに家を買えるわけでもなし、どうするかも考えなければならずめんどくさい。ほっておけば無くなりそうなので、この1年で少なくとも無くならないようにする方法は考えておかなくてはならない。ああもうめんどくさい。

 いつもの退勤バスで勝田駅へ。今日は金曜日なのと、朝雨だったのとでバスは激混み。
 勝田ではいつもの編成確認。
 勝田終着の水戸線からの761Mは(K532)。
 小山行きE501系5連の2772Mは(K751)。
 スーパーひたち43号は(K205+K108?)。
 92レはED751021。
 茨城交通の143列車はキハ205(国鉄色)の単行。
 いわき行き577MはE501系10連の(K703)。
 スーパーひたち50号は、(K102+K206)。
 勝田折り返しのE531系10連の1425Mは(K405)。
 水戸行きの415系8連の578Mは(K535+K538)。
 水戸から接続の鹿島臨海鉄道大洗鹿島線の鹿島神宮行き175Dは、6006+6008(茨城県住宅供給公社塗色)。

 EXELの川又書店で、カメラ系の雑誌をざっと立ち読み。

 そのご最終バスで帰宅。このバスも明日で廃止。
 だからといってお名残乗車という気分にもなれない。