【演劇】『コント スパイ。』オフィス・トゥ・ハッタリー ビューティフルオンステージ20102010年10月19日 01:04

知人から芝居の案内の葉書が来た。

オフィス・トゥ・ハッタリー ビューティフルオンステージ2010
『コント スパイ。』

「約2年振りにコントライヴを上演致します。コントライヴ有りの落語ありののバラエティーショーでございます。どうぞご覧ください。

とのこと。

公演日は
10月30日(土) 開場18:45 開演19:00
10月31日(日)
    第1回目  開場12:45 開演13:00
    第2回目  開場15:45 開演16:00
    第3回目  開場18:45 開演19:00

会場は:BIG BOO(ビック ブー)ギャラリー
      水戸駅北口 東照宮 宮下銀座入り口すぐ
      アクセサリーショップ「BIG BOO」二階
      水戸市 宮町 2-5-4

お問い合わせは…。
      株式会社 乙女天ぷら堂
      FAX:029-227-6428
      Email:kindo.chang@gmail.com
      〒310-0033 水戸市常磐町2-13-41
だそうである。
(注:"@"は小文字"@"にして送信ください)

なんとか日程を調整して行ってみようと思っている。

【演劇】ひつじ座30分劇場決勝リーグ参加公演『おかしな誘拐(再演)』 演劇班赤眼鏡公演2010年10月19日 00:53

2008年12月に、旧鉾田駅跡地のキハ601車内での、当会主催の演劇公演『Railroad Theater』をプロデュースしてくださった、東京の劇団『演劇班赤眼鏡』が、 8月22日に上演しました『おかしな食卓』にてひつじ座30分劇場の予選を突破し、決勝リーグへの参加が決まりました。

詳細は下記。

演劇班赤眼鏡
http://akamegane.michikusa.jp/

演劇班赤眼鏡
ひつじ座30分劇場決勝リーグ参加公演
おかしな誘拐(再演)

脚本 新堀 浩司
演出 柿沼 大輝
2010年11月14日(日)
@小劇場ひつじ座
http://www.aries-net.jp/hitsujiza/

【演劇】『 HANPA-RAPPA 』 演劇班赤眼鏡第5回公演2010年03月27日 02:46

立て続けに演劇ネタですが。

2008年12月に、旧鉾田駅跡地のキハ601車内での、当会主催の演劇公演『Railroad Theater』をプロデュースしてくださった、東京の劇団『演劇班赤眼鏡』の第5回公演が始まっています。
詳細は下記。

http://akamegane.michikusa.jp/

『演劇班赤眼鏡』第5回公演

『 HANPA-RAPPA 』 


会場
  シアターシャイン
  東京都杉並区阿佐ヶ谷南1-15-15
   (JR阿佐ヶ谷駅から徒歩7分)
   (東京メトロ阿佐ヶ谷駅から徒歩2分)


公演時刻

  2010年3月26日(金)19:00開場 19:30開演
  2010年3月27日(土)13:30開場 14:00開演
  2010年3月27日(土)19:00開場 19:30開演
  2010年3月28日(日)12:30開場 13:00開演
  2010年3月28日(日)16:30開場 17:00開演



出演

  柿沼 大輝
  
  福満 瑠美
  
  川上 真輝
  坂井 翔平
  赤崎 亜耶
  小林 功一
  
  宮島 ひろ子
  安部 瑞穂
  桜坂 四つ葉
  塩谷 直子
  町田 宗淳

  長野 慎也(本田ライダーズ)
  音松 音太郎
  弾☆NOW

脚本・演出
  新堀 浩司

舞台監督
  赤井 犬

照明
  NIPPORI

音響プラン
  小熊 理恵子

音響オペ
  西井 浩幸(劇団 敏感)

宣伝美術・デザイン・製作
  火祭 浩太郎(Team-Bin☆Kan)

衣装
  桜坂 四つ葉
  塩谷 直子
  皐月

Web
  mu-ta

サポートメンバー
  河合 奈帆
  桜坂 しおり

製作
  ニイホリ サトコ

協力
  劇団敏感
  本田ライダーズ

企画・製作
  制作班黒眼鏡

【演劇】「ペテン師が笑う頃に」 出演:野沢達也2010年03月15日 02:09

友人から芝居の案内のハガキが来た。

 今週末の上演で、45分程度の短編だそうである。

「ペテン師が笑う頃に」
 原 案  : 梨本 うい
脚本・演出 : 石沢 克宜

 2010年 3月21日(日)
  1回目 開場 13:45 開演 14:00
  2回目 開場 16:45 開演 17:00
 2010年 3月22日(月・祝)
  1回目 開場 13:45 開演 14:00
  2回目 開場 16:45 開演 17:00

 会場は水戸南町ハーモニーホール
 (茨城県水戸市南町3-4-6)
http://maps.google.co.jp/maps?utm_campaign=ja&utm_medium=ha&utm_source=ja-ha-apla-jp-google-gm

 日程的には『コみケッとスペシャル5in水戸』とがっぷり四つで、場所も南町3丁目と泉町一丁目と目と鼻の先だったりする。(笑)

 出演する野沢達也氏は、25年来の友人でおいらの所属する劇団月虹舎の古くからの団員で、また、役者の中でも中心的存在だった人物である。月虹舎の活動休止中も水戸をベースに演劇活動を地道に続けてきた人で、今回はどういった演技を見せてくれるのか楽しみだ。

 その後、東京の友人と電話で話をしていたところ、脚本・演出の石沢氏が、学校の5年後輩で僅かだが面識のあった人物であることが判明。いや、世の中は狭いものである。

 当日はハードスケジュールになりそうだが、なんとか見に行くつもりで考えている。


『ペテン師が笑う頃に』

 ~ 生と死の間をさ迷いながら欲望と葛藤織り成す男3人。一体何処迄、煩悩に振り回されれば極楽浄土に辿り着けるのか!? ~

昨年夏の「ココロ.2009」組がお送りすねショートストーリー「ペテン師の笑う頃に。」どうぞご期待ください。

水戸の市民劇団『月虹舎』の演劇公演に出演します。(11/6(金)・7(土)18:30開演)2009年11月05日 18:16

設営の終わった『月虹舎』のシンボル黄色いテント
 恥ずかしながら、十数年ぶりで板に乗ることになりました。
 水戸の市民劇団『月虹舎(げっこうしゃ)』の第24回公演に役者として出演します。
 公演は、水戸市の南町交差点広場(ユニー跡地)に、月虹舎のシンボルともいえる黄色い丸テントを張っての屋外公演です。
 公演日は明日11月6日(金)と明後日11月7日(土)、
 両日とも18:00開場・18:30開演となります。
 入場は水戸市の広場の貸し出し条件による制約で無料となっています。

 会場へは、水戸駅から銀杏坂を上り、国道50号沿いに徒歩15分ほど、大工町・茨大方面へのバスで南町3丁目又は泉町1丁目(京成百貨店前)下車、それぞれ徒歩3分ほど、料金はいずれも160円です。南町3丁目で下車した場合はバスの進行方向へ歩いて南町交差点を渡った左側、泉町1丁目で下車した場合はバスの来た方向に戻って右側になります。黄色い屋根とブルーシートの壁のテントが目印です。
 無料の駐車スペースも若干ですが確保しています。国道50号に太田街道(R349)が突き当たる、梅香トンネル上の、南町交差点脇になります。

 
 昭和テイストの芝居を是非ごらんください。

 チラシはこちら
http://www.asahi-net.or.jp/~GP4S-KWT/MADOGARASU1.PDF
http://www.asahi-net.or.jp/~GP4S-KWT/MADOGARASU2.PDF

================================








シベリヤ街道を大学病院から大陸橋に抜ける そのちょうど中間地点
マーケットの駐車場に立つ電話ボックスに 毎夜現れる ローレライ
その姿はライダーたちを呼び寄せて三人のライダーがシベリヤ街道に
              散った              


         あんた  ローレライだろ?