【『鹿島鉄道廃線10周年写真展』の開催について】2017年02月02日 21:57

ニュースリリース 1号
2007年4月1日の鹿島鉄道線廃線から10周年を迎えることから、鹿島鉄道保存会さんとの共催で写真展を開催することになりました。
第1期を、3月18日(土)~3月26日(日)に石岡市内にて、第2期を、3月28日(火)~4月 2日(日)に鉾田市内にて開催いたします。
 往時の鹿島鉄道の写真を多数展示いたします。
 入場無料です。
 皆様のご来場を心からお待ちいたしております。
会期及び会場詳細は下記の通りです。
   
★第1期(石岡会場)  
●場所:茨石商事2F「ロハススタジオ」
    石岡市府中2-3-19(石岡市立中央図書館の並びです。)
●日時:2017年3月18日(土)~3月26日(日)
     開場時間10時~17時
    〇最終日の3月26日(日)は13時閉場となります。
 
★第2期(鉾田会場)
●場所:鉾田市中央公民館ホール
    鉾田市鉾田1444-1(鉾田市役所の隣りです。)
●日時:2017年3月28日(火)~4月2日(日)
     開場時間10時~17時
    〇初日の3月28日(火)は13時開場となります。
    〇最終日4月2日(日)は13時閉場となります。
※今後、追加情報があった場合はお知らせいたします。

【ひたちなか海浜鉄道】ちょっとだけバイク鉄2016年11月07日 23:12

烏瓜とキハ11-7
 ちょっと古新聞になりますが、調子が悪くて動かなかったバイクを9月に直しまして。
 そのあと、用事だ雨だと出掛けられず、10月3日にやっとひたちなか海浜鉄道の沿線に出かけることができました。

 やはり風切って走るのは気持ちいいですね。時間読み違えて被写体のはずの列車が脇を並行して走ってても、トップガンのトムクルーズ状態(おい)。

 しかし、バイク鉄、聞けば軽快な撮影に感じるでしょうが、さにあらずで。

 ヘルメットとグローブは動くたび被ったり脱いだり付けたり外したり。
 カメラはリュックから出さねばならないしと、結構せわしないのです。

 レンズの本数も大きさも限られるし、何よりコケたなら・・・・。

 結局いつもの辺りをうろうろ。烏瓜゜見つけて撮ったけど、なにがなんやらわからない画像になってしまいました。

【日付ネタ】湊線キハ205(2/5)2016年02月05日 02:06

(中根~那珂湊・中根第一踏切道付近)
 目先を変えて、期間的には一年余りだった、茨城交通色のキハ205を。
 というわけで、この5日間茨城交通色縛りでやってみました。
 とりあえず、このシリーズは一段落です。
 
 キハ205の湊線への入線時期はキハ3710-01よりもこちらの方が遅く、ちょうどキハ113が旧国鉄色に塗り変えられた、20年前の今ごろだったと記憶しています。
 もとは水島臨海鉄道のキハ210。偶然か水島で残ったキハ20もキハ205だったりしますね。
 茨城交通のキハ20は全て「*島臨海鉄道」からの譲渡車ですね(笑)。
 勢力的には道産子気動車群と双璧を成すかもしれません。(向こうの方が1001・1002・1103の湘南顔トリオの分多いですが、時期はちょうど被りませんね)

【日付ネタ】湊線キハ204(2/4)2016年02月04日 05:40

キハ204
 ほぼ、運用から落ちてしまった後の姿です。
 思ったよりも、キハ201~204の走行写真は撮影していなかったようです。
 4連シーンは多少あるのですが、遠景だと車番の正確な判別ができるほど鮮明じゃ無いものがほとんどなのですよね。

 今回は、関東鉄道竜ケ崎線の2001・2002や、ダブる譲渡前の鹿島臨海鉄道のキハ2001~2004を無視したので、道産子のキハ2004・2005と日立電鉄の2001~2010も、0が1個多いということで、とりあうず無しということにして、茨城交通の5両にしぼります(苦笑)。

              ー 場所: 那珂湊駅

【日付ネタ】湊線キハ203(2/3)2016年02月03日 02:41

湊線キハ203
 通学輸送を終えて阿字ヶ浦で折り返し待ちのキハ203。(阿字ヶ浦駅)
1996年当時、
 勝田発619の105列車が、那珂湊から前部(阿字ヶ浦方)に増結して4両になり、阿字ヶ浦へ向かい、
 阿字ヶ浦から今度は701発の108列車で勝田へ向かい、
 折り返し勝田発751の109列車で阿字ヶ浦まで4両で戻り、
 阿字ヶ浦発826の112列車で那珂湊まで4両で運転し、
 那珂湊で後方(阿字ヶ浦方)の車両を解結という運用のようでした。
 
 非ワンマン車のキハ201~204は、この増結運用の専用車という感じの使われ方になっていました。(もちろん例外はありました)
 実は通勤では、ちょうど対向の運用が始業時刻に都合が良かったので、4連自体はあまり乗ったことが無かったりします。

【日付ネタ】湊線キハ202(2/2)2016年02月02日 00:05

キハ202
 葉桜の4連のキハ202。(金上~日工前)
 あらら、ゴミがゴミが・・・

 那珂湊で上り落としが原則でしたので、増結のキハ20型は通常は阿字ヶ浦方に連結されていました。

 日によって、キハ20が3連で他の旧型車1両の場合と、キハ20が2連で他の旧型車が2連の場合がありましたが、理由は良く分かりませんでした。

 4連時代の日工前の朝の客扱いは、上りはこの列車のみで、使用するドアも最後尾のみという扱いでした。

 日工前のホームは3両分しかないので、先頭車はホームからはみ出して停車していました。

【日付ネタ】湊線キハ201(2/1)2016年02月01日 23:34

キハ201
 月日の廻りが茨城交通(現ひたちなか海浜鉄道)っぽくなってきましたので。フェイスブックのタイムラインの再活用ですが、賑やかしには良いでしょう。
 で、2月01日は、キハ201です。約20年前の画像です。

 当時は、空いているときであれば、那珂湊駅の改札で、申告して、住所・氏名・連絡先の記帳をして諸注意事項を聞かせてくださると、入構許可をいただき、構内の撮影ができました。

 先ずは朝の4連運用に入っていた頃のキハ201です。
 これも含めてこれから4両はの鹿島臨海鉄道からの転入車ですね。

 当時は朝の増結車両の昼間の定位置がここになっていました。
 他の留置車も含め長大編成の様にも見えます。

【ひたちなか海浜鉄道】夕方の旧型車運用で、ちょい呑み。2015年12月25日 23:10

 久々に湊線の話題。また、保存会ネタでも無い話題です。

 12月中旬からしばらくの間、未だ車両のやり繰りが厳しいのか、キハ205を中心とした旧型車が、夕方の運行にも顔を出していました。

 そういや、明日26日〈土〉と27日〈日〉は、キハ205が終日走りますね。

 ちょうど、勝田駅で帰宅時間にかち合うので、12/14・15・18・21と、会社帰りのショートトリップを楽しんできました。

 新型と所要時間短縮のせいで、磯崎~平磯・高田の鉄橋~中根・中根~金上の3区間では、ほぼ確実に直結段に入るようになりましたね。

 新車もいよいよ、車番が入って臨戦態勢。忌み番とばして旧キハ11の続番になるらしいというのは、113が東海に行って大事にされていることもあって、感慨ひとしおです。

 ま、それはそうと、乗ってしまえば、エンジン蓋の横のボックスで、雰囲気と音を肴に呑んだくれるわけですが。

【写真】ひたちなか海浜鉄道7周年記念写真展「好きです湊線」に出展します。2015年05月15日 21:19

告知ポスター
 プロの方も含めて、ものすごい方々とご一緒させていただくことになりました。

 大変僭越ながら、明日、5/16(土)・明後日5/17(日)に、ひたちなか海浜鉄道の開業7周年イベントに併せて行われる、『ひたちなか海浜鉄道7周年記念写真展「好きです湊線」』の末席を穢させていただきます。

 私のお題は『キハ11の居たころ』。新たな写真が1枚も撮れないという強烈な縛りの中で、1995年から、2005年頃の、国鉄色のキハ11が居た時代のネガ・ポジを中心にお送りするつもりです。

 https://www.facebook.com/MinatoLineSupporters/photos/gm.782082788543695/1043260455688987/?type=1&theater

開場時間は、5/16(土)が12時~15時
          5/17(日)が10時~15時です。
 このほかにも、5/17(日)の那珂湊では、ひたちなか海浜鉄道開業7周年記念イベントをはじめとして、街をあげて大々的なイベントが開催されます。
 去る4/30に搬入された新型車の公開もあるようです。

詳しくは。


【ひたちなか市】みなと再発見フェス(5/17開催)
 http://ibawakublog.blog.fc2.com/blog-entry-917.html


■ひたちなか海浜鉄道開業7周年祭
    開業7周年を記念して各駅にてスタンプラリーやステージイベントなどを行ないます。
    開催日:5月17日(日) 会場:ひたちなか海浜鉄道各駅
    詳細:http://www.hitachinaka-rail.co.jp/


■第211回ドゥナイトマーケット
    毎月恒例ガラポン抽選会や学生たちによるワークショップなどを行ないます。
    開催日:5月17日(日) 会場:那珂湊中心商店街(ひたちなか市湊泉町)
    詳細:http://ibawakublog.blog.fc2.com/blog-entry-916.html

ドゥナイトマーケットは、なんと定期の実施日を1日ずらしての開催です。力の入れようが分かります。

今週末は、是非那珂湊へ!!!